5月の記録(後半)
2007.5.15 Tue. ☆ショック
今まで大きなケガや病気をせず過ごしてきましたが…

手術前の様子
先々週のお話です。

とうとう、ケガしてしまいました。
カウンターの下に置いていた鍋にカコン☆とぶつけてしまったのです。
一瞬”キャン”と鳴いたと同時に白いものが飛び…
それを拾ったわたしはあまりの驚きに固まりました。
飛んだものは…『歯』
コロン相当痛かったろうと思って抱きしめながら涙が出てきてしまいました。
抱きしめられたコロンはわけもわからず喜んでるし^_^;

さっそく病院へ行ったら人間と同じようにかぶせたりできるけど、コロンは元気なワンコなのですぐ取れちゃうでしょう。と。
そうかといって、そのままにしておくと歯髄のところからばい菌が入って化膿してしまうかも?ということでした。

結局翌週抜歯することになりました。
犬の歯科治療は全身麻酔。
はじめての麻酔はドキドキでした。
無事抜歯が済み、若いので麻酔も早く醒め、まずは一安心です。

幸い近所の病院に歯科専門の先生がいたこと。
前歯なので、ごはんを食べるのにはさほど問題がないこと。
口を開いても見えにくい位置の歯であること。

…がせめてもの救いでした。

歯については今まであまり考えたことが無かったのですが、ネットで検索すると歯がかけちゃった子は結構いるようです。
長持ちして便利なひづめも歯をかけさせてしまう原因になる場合もあるようで、これからは控えようかなと思っています。

飼い主の不注意でケガさせてしまい、かわいそうなことをしました(;_;)ごめんよ、コロン。

戻る